メインイメージ画像

求人に応募した後は面接対策をしっかり取りましょう

webサイトなどを通して、仕事を探す時には、まず働くスタイルを決める必要があります。正社員、派遣社員、アルバイト、パートなどが主な働き方になり、ライフスタイルや収入希望額、そして職種など、必要な条件をふまえて選択することになります。働き方は様々ですが、採用までの段階は大体同じになります。まず数多くの求人から希望する勤務先を探し、続いて履歴書などの書類を用意して応募します。書類審査に通れば、いよいよ面接を受験します。派遣の場合は、派遣会社が間に入りますが、ラスト段階は派遣先企業の面接を受けます。

どっちにしても、採用への最大の難関点は面接と言え、求人に応募する際には、面接対策が必要となります。

面接での第一印象は、特に重要です。最初は服装を整えることから始めましょう。面接に適切な服装を検討します。正社員や派遣の際は、スーツの着用が必要です。黒や灰色などの落ち着いたカラーで、シンプルなスタイルのスーツが望ましいでしょう。シワやヨレがないか確認し、髪型については清潔感のあふれるスタイルになるよう留意しましょう。

靴の汚れは必ず落としておき、バッグなどの持ち物は面接時に見とがめられるような突飛なデザインのものは避けるようにします。

アルバイトもしくはパートのケースでも、ジャケット着用など正装感のある服装が好ましく、オフィス系の仕事など職種によってはスーツ着用が必要です。服装の準備が整ったら、面接での受け答えに対する準備が必要です。必ず聞かれる質問は、志望の動機です。どうしてその面接先に応募したのか、説得力のある受け答えを準備しておきましょう。また希望する職種を選んだ理由や、その仕事に対する熱意を聞かれる事もあります。

会社に入ってから、どんな事をしたいかといったキャリアプランを質問してくる事もあります。

面接では、個人的な経歴や職歴への質問も多くされます。転職の場合は前職を辞めた理由が特に、聞かれやすい質問です。その他、自身の長所や短所、趣味や特技などを聞かれる事もいっぱいあります。その時戸惑ってしまうと印象を損ねる可能性がありますので、求人に応募し面接が決まった時点で、質問対策をしっかりとしておきましょう。印象の良い明るい顔つき、大きく聞こえのよい話し方の工夫も大切です。

更新情報