mv

バイトでスーパーで働いているので

img

バイトでスーパーで働いているので、体験談をレポします。今勤めているバイトはかなりハードけれど、その代わりに他の仕事よりも時給アップしてくれるのがこのバイトを選んだ理由です。仕事のボリュームには波があるので、暇な時間には自分のあとに働く人がやりやすいように下準備を進めておいて、全員で協力し合うようにしています。このように、団結力や手際の良さが必要不可欠な職場だといえます。常に周りのことを考えて動くようにすると、結果として自分が担当する仕事も楽になるということを身をもって知ったバイトです。

バイトの友達を作ることで生じるメリットは次のようなものがあります。バイト先の友達を作ることで生じるメリットは、やはり、楽しくバイトできることや、仕事がより円滑になること、勤務時間の調整が楽になるという点が挙げられます。しかし、一方で仲が悪くなった場合はぎこちなくなったりしますし、仕事中も友達気分を引きずって仕事を曖昧にするようではバイトをする資格はありません。だから、公私混同せず働く人にはバイト先で友達を作る利点は大きいといえます。

バイトの通勤距離は短い方が便利ですよね。移動時間が短い方が効率よく働けますし、バイト先にも良い点があります。通勤費用が支給される場合は勿論ですが、急な欠員でバイトが欲しい時にすぐ家から駆けつけられるので好都合なのです。しかも、通勤の距離が少ないと道中の事故や大雨トラブルなどに遭う可能性が低くなるので雇い主としては不安にならずにすみます。自分自身と会社側の両者にとって利点がありますね。

バイトで効率的に働くにはどんな時間帯にシフトを入れるのがおすすめでしょうか?それはバイトの内容によって違いますが、簡単にまとめると、そのバイトで人手が必要な時間帯と、一般的にあまり仕事を入れたがらない時間帯です。例えば、サービス業は週末の昼間が忙しくなりますし、夜中はバイトより生活を優先する人が多いため、人手が欲しい所がよくあります。自分の私生活と照らし合わせ、自分や家族の自由な時間と高時給の時間帯が同じバイトを見つけるのがよいでしょう。

更新情報